notre petit voyage*  mamejirogo.exblog.jp

旅の記録*時々フランス語


by mamejiro19
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

竜馬も通った?長崎 史跡料亭花月

今、長崎では(いや、全国で?)坂本竜馬のブームがおこっているようですが、そんな長崎には
竜馬ゆかりの場所が数多く残されています。

今回訪ねた、丸山かいわいに位置する料亭「花月」もその一つです。
鎖国の時代、唯一外国に開かれた貿易港だった長崎で、随一といわれた遊郭引田屋の庭園にあった
「花月楼」がその始まり。その歴史は360年以上にも及びます。
数多くのオランダ人や唐人たち、また文人墨客もこの花月を訪れたのだとか。
そんな歴史に思いをはせながら、門をくぐります・・・。
b0174978_1722342.jpg

ドキドキ。竜馬さんもこの石畳通ったのかしら?
b0174978_17224661.jpg

b0174978_17283740.jpg

玄関前には大きな大きなちょうちんが。女将のお出迎えに思わず背筋が伸びます。

さっそく中を案内していただきました。
b0174978_17263029.jpg

急な階段や廊下のあかりにも歴史を感じます。
b0174978_1728470.jpg

廊下の途中にはこんな窓も。風情あります!

大広間に入りました。
b0174978_17293714.jpg

b0174978_17301856.jpg

窓の向こうのお庭の素晴らしいこと!
このお庭ではよくお茶会などが行われていたので以前何度かお邪魔させていただいたことも。
b0174978_17315647.jpg

なんとこの窓のガラスは「びいどろ」なんだそうです。
びいどろというのは、長崎で誕生した和製ガラスの工法で、息をふきこんで成型するものなのですが、
こんな窓もつくれるんですね~。近くで見ると微妙な凹凸があって、とても味があります!

そして本日の目玉~^^。
b0174978_1736650.jpg

これが有名な、竜馬さんがつけた柱の刀傷!(と、言われています。)

この花月の前身、引田屋の裏口付近でイギリス人水夫が暗殺されたという、イカルス号事件。
このとき犯人として嫌疑をかけられた海援隊のメンバーのために竜馬が書いた奉行所あての手紙の
下書きも、こちら花月に展示してありましたよ!(しかしこのときはレプリカで!本物は今貸出中らしく^^;。)

ちなみにこの暗殺されたイギリス人、この辺りで今もさまよってるらしいという、噂も(汗)。。。
近くに素敵なフレンチのお店があるのですが、夜雨の日なんかけっこう道中がコワイかも^^;
b0174978_17424257.jpg

素晴らしいお庭を堪能させていただきました。

さて、この料亭花月。一番のメインは長崎独特のしっぽく料理。
和、洋、中すべての要素がミックスされた長崎らしいお料理です。
b0174978_17441836.jpg

(写真は花月のホームページよりお借りしました。)
そしてその他、会席料理も。。。
こんな感じです♪目にも美しいお料理。
b0174978_17462649.jpg

この季節にぴったり、涼しげですね~。。。
季節の味をゆったり、堪能させていただきました。

長崎の県指定文化財でもあるこちら。すばらしい史跡でありました。
b0174978_17483738.jpg

夜はたくさんのちょうちんがともされ、それはそれは幻想的で素敵らしいですよ!



おまけです。丸山かいわいといえば、忘れてならないカステラの福砂屋。本店!!
今は全国にありますが、長崎工場製品は長崎と一部の場所でしか買えないのです。
長崎工場のものはやはり何かが違う!らしいですよ~。
b0174978_17511136.jpg

いつもタクシーやマイクロバスが止まっててなかなかお店の写真がとれないのですが、この日は
いいタイミングで♪撮れました。
b0174978_17522023.jpg

アンティークも展示してあってとても素敵。
カステラはフランス人も大好きなんですよ!

長崎歴史散歩でした。
by mamejiro19 | 2010-06-06 17:58