notre petit voyage*  mamejirogo.exblog.jp

旅の記録*時々フランス語


by mamejiro19
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

DELF B1 試験本番

昨年6月に受験した、フランス語試験DELF B1の実際の内容は・・・。
試験本番の様子について思い出しながらまとめてみます。


さて、昨年のDELF B1。
思っていたより、とっても難しかったです^^;


特にですね・・・。このDELFって、本当はえんぴつ不可なんですよ。ペンのみで、作文も書かなければ
いけないのです。(ご存知ですよね?)
でも、おととしA2受けた時は、特別に、鉛筆・消しゴム使用可だったのです。日本人は慣れていない
からと。
だからすっかり安心していましたが・・・。


なんと、当日受けるときに、ペンで書いてください!と言われてしまいました。ひえーっ。。


これが大変で大変で・・・。
修正テープもほんとうは使ってはいけないらしいですけど、ないと話になりません。
使っていいかと聞いてだめだったらどうしようもないので、勝手に使いまくりました。(ダメですね)
あーあ・・・


それでは本番の試験内容を。


まず聴解。COMPRÉHENSION ORAL


1番は、ある青年についての文章を聞き取って設問に答える。
どんな勉強をして、将来何になりたかったのか。実際は何になったかとか、職業とか学習内容
についてだったような。これはまあ軽めの問題ですね。

2番は・・・ある地区の、カフェを活用した活性化についての取り組みとは、みたいな話について
答えるというもの。
思ったより記述が多いような?あせります。

そして恐怖の3番。ガーン、ほとんどすべて、記述問題じゃないですか!
聞いたものをすぐ文章で答えるというのは、ハードルが高い!
内容は・・・。何かのインタビュー対談みたいな?社長のような立場の人と従業員の間の問題について
語られていたような・・・???労働条件とか、アメリカとの違いとか。(たぶん;)

問題集なんかでは、だいたい選択問題のほうが多いような気がするんですが、ほとんど記述で
もー焦りまくりました^^;;;;
選択肢があったら、それをヒントにして考えることもできたりするんですけど。


というわけで、3番はもうたぶんダメダメだったかと・・・。
そうなると、焦りがマックスになってしまうんですよね^^;


お次は読解。COMPRÉHENSION ÉCRIT

最初の問題は易しかったです。
いくつかのゲームの取り扱い説明書を読んで、いろんなグループにわりあてていく、みたいな。
表を完成させる、よくある問題でした。


そして次が、まあ~難しかった!
読み応えのある新聞記事のような文章と、問題・・・。
内容は、フェイスブックに対してのフランスで人気のソーシャルネットワークについて、比べながら
そのよさとか、違いとかについて答えていくもの。
ほとんど全部記述問題でした。
これで時間がかかりすぎてしまい、規定よりだいぶん時間オーバーして最後の作文問題へ。
わたしのモンダイは、読むのが遅すぎることのような・・・


作文問題。PRODUCTION ORAL
残り時間わずか。あせります!120文字。だいたいA41枚分くらいの量です。

問題は。
会社の同僚と(上司だったか?)もめてしまったけれど後悔している。そこで仲直りというか、謝罪
したいけど、どうしたらいいかを別の同僚にアドバイスを求める手紙を書きましょう。
どうしてもめたのか、そのときの気持ちは。今はどう考えているのか。くわしく書きましょう。


というものでした。(たぶん^^)。


しかし!わたしはここで致命的なミスを~。
なんと、書く相手を間違えて、直接そのもめごとの相手に手紙を書いてしまうという・・・。あわわ


問題をささっと読み、はいはい手紙ねっと取り掛かって見直しもしなかったのが敗因かと・・・。
いらいらしていた理由とか、今の気持ちとかは、詳しく書いていたものの、書き終わってすぐに
試験終了・・・。


あとからほかの受験者が話してたのを聞いて気づきました(涙)。


ショックでしばらくよろよろしてましたが、結果としては、そんなには点数減点されていなくてホッ。
一つ間違えてもほかの要素で挽回したら、よいようです。



そして次の週の面接。


わたしがひいた問題は。

○あなたは友達と映画に行く約束をしていましたが、友達から、今日はやめとくと言われて
しまいました。どうにかして、説得しましょう。

○ある新聞記事。
 田舎に住んで、よい環境に身をおくことがすばらしいとか言われているが、本当にそうなのだろうか?
 田舎には近くに何もないので、いちいちどこに行くにも車を使う。環境を破壊していないか?
 都会だとなんでも近くにあるから、歩くか、公共の交通機関でどこでも行ける。
 都会暮らしが、環境にはいいのではないか?

これについてまず要約。それから自分の意見を述べてください。


というもの。これは、身近な感じでかなりラッキー問題でしたね!よかったです。
とりあえずいっぱいいっぱい話しました。



これが、昨年のB1の内容です。
まあ、得点は思っていたよりは悪くなかったものの、やはり聴解問題が一番悪かったです。
でもよかった。合格して・・・。



少しは参考になったでしょうか。
この試験のあと、すっかり気が抜けて、あんまり勉強しなくなってしまってました。
最近ようやく復活してきたところです。


次は、この秋のB2めざして、がんばってみようと思います。
大人になってからの学習でも、がんばればなんとかなる・・・はず!
by mamejiro19 | 2013-05-17 15:04 | フランス語